津金文左衛門胤臣たねおみ

享保12(1727)年9月9日~享和元(1801)年12月19日
江戸中期の尾張藩士。金方御納戸役津金文左衛門胤忠の長子として生まれた。
寛政3(1791)年熱田奉行に仰せ付けられ熱田前新田の開発に従事した。享和元(1801)年に熱田新田の築立工事が完了すると、排水・用水路・道路の開設などのため国内各地から入植の農民を募ったところ、瀬戸村からも十数人の応募者があった。その中の加藤吉左衛門・民吉父子に目を留めた津金は、瀬戸村窯屋の現状を知ると吉左衛門に磁器の製法を教えた。盃程度の小さいものが作れるようになると熱田新田古堤に窯を築きたてようとするも病にかかり同年12月19日に病死。享年75歳。
その後磁器開発指導・援助は養嗣子の津金庄七へと引き継がれ瀬戸の磁器生産は発展していった。

津金胤臣父子頌徳碑

加藤四郎左衛門景正かげまさ

加藤四郎左衛門景正は、「春慶」とも号し、鎌倉時代に瀬戸窯を開いた人物「陶祖」として、瀬戸ではこれまで伝えられてきた。江戸時代の諸本史料に伝えられた陶祖伝記では、貞応2(1223)年に曹洞宗開祖の道元に従って中国(宋)へ渡り、作陶修業の後に帰国し、瀬戸において良土を発見して窯を築き、これにより瀬戸窯が始まったとされる。
しかし、陶祖に関する史料に江戸時代以前からのものが全くみられないことや、瀬戸窯の始まりが平安時代まで遡ることが考古学調査等によって明らかになるにつれ、陶祖藤四郎の瀬戸窯開窯説が疑問視されるようになり、人物そのものの存否についても論争がなされている。
「藤四郎」の名が、史料上でみられる最も古いものは、鎌倉時代末期の正応2(1289)年の年号が記された鉄釉肩衝茶入とされているが、実物の所在は不明で、実在が確認される記載史料は室町時代末に作成された春日井市の『円福寺寄進帳』に「藤四郎茶碗」が寄進物として記載されている。16世紀の戦国時代には、葉茶壺として利用される「祖母懐」壺に「藤四郎」銘のものがあり、同時期の堺や博多の豪商や茶人らの記した茶会記には中国製の「唐物」茶入が全盛な中「春ケイ茶入」の記述もあり、戦国時代から江戸時代前期には茶入の祖、茶陶の名工として「藤四郎」が位置づけられていたとみられる。江戸時代中期以降には、瀬戸の窯屋が、加藤景正からの正統性である「筋目」を示すものとして、藤四郎陶祖伝記が語り継がれることとなり、その出生や出身地、瀬戸で窯を築くまでの経歴が伝記に加わり整えられていく。それらの陶祖伝記が完成され、幕末に再び藤四郎顕彰の機運が高まった中で制作されたのが、六角陶碑(陶祖碑)である。
参考文献:服部郁・岩井理2014『陶祖傳-陶祖伝記とその時代-』

加藤四郎左衛門景正(瀬戸蔵ミュージアム蔵)

 

加藤民吉

かとうたみきち


安永元年(1772)2月2日~文政7年(1824)7月4日

 江戸時代後期の瀬戸染付磁器の技術躍進に尽力した陶工。その功績により、瀬戸では「磁祖」として尊崇を集めている。
 大松窯の加藤吉左衛門の次男として瀬戸西谷(現:瀬戸市西谷町)に生まれ幼いころから家業を手伝い陶器を生産するも、当時の瀬戸では長男のみしか窯を継ぐことができなかったため、次男であった民吉は家族を連れて熱田新田の開発に取り組むこととなった。
 伝説では元来百姓ではない民吉は田畑に関することは不慣れであったため、視察に来ていた熱田奉行津金文左衛門(胤臣)の目にとまり、民吉が瀬戸村より来た窯屋の者であるとわかると、磁器の製法に明るかった文左衛門は吉左衛門・民吉父子にその製法を伝授することにしたとなっている。また、文左衛門の指導のもと染付焼の製作を行うも精巧なものは作れなかったため、享和3年(1803)に三田の窯(現:兵庫県三田市)へ視察に行ったとされているが定かではない。
 瀬戸で染付焼を作るも精巧なものは作れず、吉左衛門は九州に行ってその技法を学ぶべしと考え、民吉を九州へ遣わし磁器生産を学ばせたいと水野代官水野権平へ出願した。その後文左衛門の養嗣子である津金庄七や水野権平、加藤唐左衛門の尽力により尾張藩の許可を得た民吉は愛知郡菱野村(現:菱野町)出身の天中和尚を頼り文化元年(1804)2月22日に瀬戸を出発して東向寺(熊本県天草市)へ向かった。その後曹洞宗の寺院を渡り歩き、自分の身分を明かした上で磁器生産について学んだ。製土法・成形法・釉薬調合法・焼成法・絵付技法などを学んだ民吉は文化4年(1807)5月13日に帰国の途につき、6月18日瀬戸へと帰った。その後、磁器を焼くための丸窯を瀬戸の各所に作成、また磁器にふさわしい素地を作り出し瀬戸焼発展に尽力した。

参考 瀬戸市史編纂委員会『瀬戸市史 陶磁史篇三』(1967年)
   加藤庄三『民吉街道 瀬戸の磁祖・加藤民吉の足跡』(1982年)
   藤井能成『民吉読本 民吉ものがたり』(1997年)

民吉街道
加藤民吉翁碑
加藤民吉翁像
津金文左衛門胤臣
西谷町

長江明治

ながえめいじ


明治42年(1909)7月12日~昭和10年(1935)10月17日
 南新谷の窯屋である長江芳松の長男として生まれる。昭和2年(1927)頃から叔父の6代・加藤五平らの影響から焼き物の製作を始め、昭和3年(1928)に「織部釉草花刻文大花瓶」を制作。名古屋離宮での天覧会に出品し、宮内省に買い上げられる。昭和4年(1929)に加藤寿郎らと共に「土の風景社」(昭和7年(1932)に「作陶会」と改称)を結成。昭和5年(1939)にはベルギー独立100年記念万国博覧会に出品し特別賞を受賞、また同年瀬戸市紋章案展で出品作品が市章に選ばれるなど、早くから高い評価を得るに至った。
 昭和6年(1931)には愛知県窯業学校の図案助手を務め、昭和7年(1932)には京都市陶磁器試験所に勤務するも同年10月に辞職し独立。瀬戸市茨(現・東茨町、西茨町と思われる)に工房(松葉窯)を持った。その作品は師と仰いだ藤井達吉の影響を強く受けていたと言われている。しかし経営困難によりじきに工房は閉ざされ家業へと戻った。
 昭和10年(1935)10月17日、元来病弱であった長江は、陶芸家・デザイン家として将来を期待されながら、病魔におかされ26歳で永眠した。

参考 加藤政雄『郷土に足跡を残した人々』2006年

水野 教雄

みずののりお


陶芸 練り込み 瀬戸市指定工芸技術 1件
平成22年6月18日指定
保持者 瀬戸市東町 水野教雄 昭和25年4月19日生

保持者は瀬戸市指定無形文化財「陶芸 練り込み技法」の保持者であった初代水野双鶴氏の次男として瀬戸に生まれた。昭和47年に名古屋造形芸術短期大学彫塑専攻科を修了の後、釉薬研修のため名古屋工業技術試験所で研修し、昭和48年から作陶活動へと入った。作陶活動に入ってからは日展および日本新工芸展を主な活動場所とし、様々な賞を受賞してきた。
練り込み技法とは、色の異なる陶土を積み重ねてさまざまな文様を作り出す伝統技法のことで、その歴史は古く中国唐時代に始まる。
保持者は伝統的な文様を応用するのはもちろんのこと、これまでの練り込みではあまり使用されることがなかった写実的な文様にも挑戦されており、練り込みの新しい表現方法を日々求めて研鑽されている。

練込

加藤 唐三郎

かとう とうざぶろう


陶芸 御深井 瀬戸市指定工芸技術 1件
平成20年5月9日指定
保持者 瀬戸市窯元町 加藤唐三郎 昭和23年10月21日生

 保持者は瀬戸の陶祖藤四郎の系譜に連なり、江戸時代尾張藩の御用窯を勤めた。初代唐三郎(家祖)の12世唐三郎(俊郎)の次男(幸次)として生まれた。愛知県立瀬戸高等学校卒業後作陶活動に入り、先代の下で伝統的な技術を学んでいった。同家では代々黄瀬戸・御深井・織部・安南手などの食器・茶器・装飾具などを焼成することを受け継いできた。保持者は家業の傍ら、先代に倣って日展に出品する。さらに瀬戸工芸会に入会し、東海伝統工芸展・日本伝統工芸展にも積極的に出品していった。保持者は黄瀬戸に中心を置いた活動を行ってきたが、唐三郎窯の独特な御深井釉の釉調を重視する御深井焼にも力を入れてきた。伝統工芸界では本地域を代表する作家であり、後輩の育成や陶芸文化の向上にも尽力している。

柴田 明

しばた あきら


有線七宝 瀬戸市指定工芸技術 1件
平成22年6月18日指定
保持者 瀬戸市今池町 柴田 明 昭和17年7月16日生

近代七宝は尾張海東郡服部村(名古屋市中川区)の梶常吉に始まるとされる。天保四年(1883)頃に完成されたという七宝技術は海東郡遠島村(現在の七宝町)を中心に発展し、現在の尾張の伝統的工芸品と成るに至った。
保持者は三重県四日市市生まれ。愛知県立瀬戸窯業高等学校を卒業後(株)安藤七宝店に入社した。安藤七宝店は明治13年創業、尾張近代七宝技術を継承してきた会社で、保持者は伝統技法を踏まえた作品づくりを50年にわたって続けてきた。
保持者の作品は有線七宝の技法で、デザイン・素地の加工・模様付け・施釉・焼成・研磨という多くの工程を全て行っている。経験と高い技術が必要であり、まさに熟練の技が要求される。保持者は昭和45年以来日本伝統工芸展に36回入選、審査委員も努める日本を代表する七宝作家である。

加藤 舜陶

かとう しゅんとう


陶芸 灰釉系技法 愛知県指定工芸技術 1件
平成6年3月18日指定 平成17年6月24日解除(死亡)
保持者 瀬戸市赤津町 加藤舜陶 大正5年7月13日生

 保持者は加藤作助の系譜に連なり、初代作助(寿斎)の3男小三郎(号春逸)が祖父にあたる。昭和12年生家にあって作陶を始め、瀬戸陶芸協会にも入会、以来陶技を研鑽、特に「灰釉の舜陶」といわれる灰釉陶器の製作を主軸に置いてきた。灰釉は草木灰を使用する最も基本的な釉薬で、瀬戸地方では平安時代に始まり、中世・近世を通じて発展してきた。江戸時代に誕生した御深井焼は木灰に千倉石を混ぜて還元炎で焼成したもので、美しい透明感ある淡青色を呈する釉で保持者が最も得意とするものである。
 保持者が灰釉に重点を置くようになったのは公害防止法で薪窯が規制され、石炭窯(昭和35年代)からガス窯(昭和45年代)の使用がされるようになったのがきっかけだったという。特にガス窯を使用するようになってからは、平安期以来の伝統的な灰釉に江戸前期の御深井釉も生かした独特の素材感を持った灰釉作品を生み出してきた。平成3年に瀬戸市無形文化財(陶芸・灰釉技法)に指定される。

加藤 靖彦

かとう やすひこ


陶芸 瀬戸染付技法 瀬戸市指定工芸技術 1件
平成7年2月13日指定 平成18年2月16日解除(死亡)
保持者 瀬戸市一里塚町 加藤靖彦 昭和5年3月31日生

 家祖は加藤円六だという。円六は明和年間(江戸中期)に郷の経塚山で川本半助・同治兵衛らと窯業を再興、その後新製焼(瀬戸染付焼)を興した窯元であった。
 その家系に生まれ育った氏は、昭和21年愛知県立窯業学校を卒業と同時に石泉陶園(父信三郎経営)に入社し、叔父賢三よりロクロ技術や絵付けの手ほどきを受け、技術を磨いた。昭和57年に独立、「真玉園」を窯屋号とした。土や釉薬の調合も自家で行い、成形は今なお水挽き仕立てで手描きによる絵付け、ガス窯焼成まで一貫して行う数少ない窯屋である。「伝統とは変革の精神」をモットーに、古法の再現と釉下彩などの新技法にも取り組んでいる。