山口観音堂

やまぐちかんのんどう

所在地:矢形町165番地 本泉寺境内

山口観音堂は建設当時の棟札から寛政11(1799)年巳未 初冬に建立されたことがわかる。以来、天保13(1842)年には再建されている。

当初、現在の吉野町の奥の「おごりんさん」で親しまれる塔山城跡近くの丘陵尾根上に所在した。明治維新の神仏分離令(廃仏毀釈)の影響のためか、明治20(1887)年に本泉寺境内に移築された。

山口観音堂
観音堂の堂内

この堂宇の天井には、縦横それぞれ8枚ずつで合計64枚の天井絵が描かれている。天井絵は、再建当時に掲げられた。再建当時の地域の生活がうかがわれる。

山口観音堂天井絵
尾張万歳が描かれた天井絵の一枚

本泉寺境内へ移設される前は、地域のランドマークとなり、多くの参拝者が訪れたようで、山口村と三河の八草村(現在の豊田市八草町)との境の道標には 「左 せと 右 くわんをん(かんのん)」と記されている。

旧山口村・旧八草村境の道標
道標の拓影

万徳寺太子堂

まんとくじたいしどう

所在地:塩草町93番地 万徳寺境内

太子山万徳寺は浄土真宗高田派の寺院で、創建は鎌倉時代、正応元(1288)年、創建当時は「関尾山・萬徳寺」であった。

承久元(1219)年(安貞2(1228)年ともされる)に武蔵国荒木(現埼玉県行他市付近)に創建された「満福寺」は僧源海はじめ浄土真宗門徒(荒木門徒)の本寺であったが、天福元(1233)年三河で説法したさい弟子海円が越戸村( 現豊田市越戸町)に留まり、文永3(1266)年に「萬福寺」(別に「満福寺」とも伝えられる)を建立、その後正応元(1288) 年、当地に移転してきたものと伝えられる。そのときすでに小さな帝子堂(太子堂) があったとされている。

浄土真宗開祖親鸞聖人は聖徳太子に深く帰依され、浄土真宗寺院に多く太子堂が造られた。今村城主・松原広長が太子の縁により寺に帰依し、寛正5(1464)年に万徳寺太子堂が建立された。

元和2年(1616年)7月22日、尾張藩初代源敬公(徳川義直)がご参詣になり大法会がとり行われ、これが縁となり以後旧暦の7月22日太子堂にて聖徳太子御會式(お太子まつり)が行われてきた。(現在は8月第4日曜日)

太子堂は、享保2(1717) 年に改築され、江戸時代後期の尾張名所図会によると本堂の横に茅葺とみられる小さな太子堂が描かれているが、大正年間に写されたといわれる改築前の写真には参拝用の堂が手前に写っている。現在の太子堂は、古建築研究で著名な浅野清氏の設計により、地元大工の山田鉄次郎が中心となって施工した。昭和元年から10年にかけて造られた(起工昭和10年、落慶昭和15年)。

本尊は秘仏・聖徳太子孝養像(16歳像)で、重要時に御開扉されている。近年では2011年東日本大震災の復興祈願や、2023年の「聖徳太子1400年遠忌法要」の機に行われた。本尊右脇には松原広長が四天王寺よりもたらしたとされる聖徳太子南無仏像(2歳像)、左脇には松原広長公位牌(昭和43年作成)が安置されている。

昭和10年に建てられた現在の太子堂

 

 

 

 

 

尾張名所図会に描かれた万徳寺本堂と太子堂(左手)
絵葉書に写された改築前の太子堂(左端)
松原広長寄進状(瀬戸市指定文化財)
聖徳太子1400遠忌法要 舞楽奉納
太子まつり(8月第4日曜日開催)の様子(画像:万徳寺 提供)

 

小金観音堂

おがねかんのんどう

所在地:水北町1952番地 感応寺境内

小金観音堂は、天文の頃(1532~1555年)に、感応寺境内の本堂より約一町(109m)あまり山上に建立され堂内に行基作と伝わる聖観音、千手観音、馬頭観音、十一面観音、不空羂索観音、如意輪観音㊟の六体を安置したと伝わっている。天文八(1539)年己亥に火災によりお堂は焼失したが、安置してあった観音六体は、被災を免れ、同年、上水野村の一色城主磯村左近により再建され、以後数回改修・再建が行われた。

尾張志には『正観音、千手、馬頭、不空羅索、十一面、如意輪㊟の六胎を安置す。行基の作といひ傳へたり。その霊験いちじるしく感應ありしゆゑ、世に感應佛と称しけるが、やがて寺号となりしよし寺僧いへり』(原文ママ)と記されており、当堂を所蔵する感應寺の寺号の由来と伝えられる。

現在のお堂は、感応寺墓園の頂上に建っており、「城東西国観音二十六番札所」となっており、お堂の裏には、御林方奉行所や、水野代官所で奉行職を務めた水野家の墓地があり、また、当堂を所蔵する感応寺には、入尾城の最後の城主を務めた水野備中守平致高の位牌が保存されているなど、水野史のなかでの出来事との繋がりを感じさせるお堂であります。 (㊟観音の普門示現とは、文字、順序が異なる)

現在の小金観音堂
明治45年頃の絵葉書に写る小金観音堂
尾張名所図会に描かれた感応寺・小金観音堂

坂屋敷庚申堂

さかやしきこうしんどう

所在地:下半田川町51
所有者:下半田川自治会

下半田川町坂屋敷の旧道横の丘に庚申堂がある。現在は利用されていないが、「おばあさんたちがこのお堂に集まってご詠歌を唱えていた」ことを記憶する世代がまだいる。お堂の前に、女人講中と刻まれた石仏が二体あり、それぞれ、天明7(1787)年と文政2(1819)年の銘が入っている。庚申講とは別に女性どうしが集まって信仰しまた日常生活の情報交換をする女人講が行われていたと推測される。庚申の日に五目飯を供えてお勤めをする庚申講があったことも伝わっている。定光寺町でも庚申塔に味飯を供えてお参りした。

庚申堂
女人講中と刻まれた石仏
文政2(1819)年の棟札

町内には庚申堂の他に庚申碑が2基ある。庚申堂から南西に150mほど離れた林道わきの庚申碑(西山の庚申碑)に明治12年の刻銘があることから、このお堂も同時期に建てられたとする説があるが、堂内にある2枚の棟札によれば、文政2年に庚申堂再建、昭和40年に修理されたことが分かっている。したがって、庚申堂の創建は文政2年以前の江戸時代ということになる。なお、もう一基の庚申碑(いしょうじの庚申碑)は、庚申堂から約500mほど東の林道わきにあり、これには萬延元(1860)年の刻銘がある。

礎石らしき石材と庚申堂

現在の庚申堂は明治10(1877)年前後にコレラ・はしかが全国的に大流行した折に村を疫病から守ってもらうために建てられたものと伝えられている。2間×2間の側柱建物で、屋根は寄棟となっている。もともとは萱葺だったが、平成9(1997)年にトタン葺きとなった。現在の庚申堂の東側には礎石らしき石材や平場があり、江戸時代以前にも庚申堂の建物がこの地に建っていた可能性が高いと思われる。

庚申信仰は、中国道教の説く「三尸説(さんしせつ)」をもとに、仏教、特に密教・神道・修験道・呪術的な医学や、日本の民間のさまざまな信仰や習俗などが複雑に絡み合った複合信仰である。

干支で、庚申の日は60日ごとに来るが、この夜に人間の体の中にいる三尸虫(さんしちゅう)は寝ている間に体から脱け出して、天帝にその人間の行った悪行を告げに行くという。寿命をきめる天帝は悪いことをした人に罰として寿命を縮めるといわれている。ところが、三尸虫は人間が寝ている間にしか体から脱け出ることができないので、庚申の日には、信者は会食談義をして徹夜をした。これが庚申講のはじまりとされ、眠らずに庚申の日が明ける次の日が来るまで待ったということから「お日待ち」と呼ばれるようになった。下半田川集落では昭和20年代までは地域の人が集まって「お日待ち」をやっていた。

また、青面金剛はこの三尸虫を喰ってしまうので、庚申講でこの青面金剛を本尊として拝むようになった。一晩一心に願い続ければ、病魔の退散、延命長寿もかなうとされる。町内の庚申堂の中に厨子が二つある。この中に青面金剛を描いた小さな掛け軸が納められているが、右側の掛け軸はすでに破損している。

庚申堂内の厨子

石粉水車

いしこすいしゃ


 有田のような磁鉱石を産しなかった江戸後期の瀬戸染付焼(磁器)の開発は、猿投山周辺の風化花崗岩と蛙目粘土を調合することによって可能となった。風化花崗岩は「白イシ粉」と「ギヤマ石」と区分して使用されたと古文書は述べている。享和3(1803)年、瀬戸村庄屋から近隣の河川に40ヶ所の「石粉ハタキ水車」の建設を藩庁に願い出た史料も残されている。『瀬戸焼近世文書集』には「水車にてギヤマ石 白土製造之図」という当時の立派な水車の構造図を載せている。
 慶応3(1867)年に赤津蛙目が発見されて、赤津川水系の石粉水車が急速に増加、明治19(1885)年には赤津石粉・硝子粉共同組合(27名)が設立した。この頃より磁器原料の石粉よりガラス原料の硝子粉の需要が増大し、日露戦争後には赤津川および山路川奥地まで40余戸の水車小屋が稼働したという。朝10時頃までに一昼夜水車臼で搗いた硝子粉と新しい砂を入れ替えた後は農作業や砂婆(風化花崗岩)掘りができた。多くは主婦の仕事であった(『東明小学校百年史』)。トロンメル(トロミル)が導入されたのは大正10(1921)年のことであった。

陶磁器陳列館

とうじきちんれつかん


瀬戸市蔵所町
 明治16(1883)年に設立された「瀬戸陶器館(舜陶館)」であったが、時勢の進運につれてこの建物も狭隘となった。そこで、東隣りの瀬戸警察署が陶本町に新築移転した跡の空き地に大正3(1928)年1月に起工、同年6月30日に新館が竣工した。これが戦後まで活動した「陶磁器陳列館」である。木造2階建(各階50坪)、総工費1万500円での洋館であった。新館では各種陶磁器の陳列と即売に当てられ、階下に参考品を陳列し、階上に貴賓室や会議室に使用した。そのため「参考館」と呼ばれるようになった。そして階下の一室に瀬戸陶磁工商同業組合事務所を置き、これらの建造物を管理した。同業組合の前身は「瀬戸陶磁工組」(明治18年9月設立)であるが略して「磁工組(じこうぐみ)」と呼ばれていた。
(『瀬戸ところどころ今昔物語』)
 昭和32年、ここにあった市役所が新庁舎に移転した際、陳列館の建物は池田丸ヨ製陶株式会社に一括払い下げられ、解体され南仲切町に移築復元された。規模は縮小されたが、当時のモダンな洋風工法を残している。現在では瀬戸市新世紀工芸館の展示棟にその面影を見ることができる。

萩御殿

はぎごてん


瀬戸市萩殿町
 明治後期の愛知県の2大公共工事は名古屋港築港工事と庄内川(矢田川)流域の砂防工事であったといわれる。瀬戸町と山口村の境にあった小高い丘陵上は砂防工事が見渡せる場所にあったので、多くの工事関係者・視察者が利用した。粗末な小屋が建てられたが、萩をもって小屋周りを囲ったのでいつしか「萩の茶屋」と呼ばれるようになった。
 明治43(1908)年11月に東宮殿下(後大正天皇)が師団演習視察に来名、その折瀬戸へ行幸された。そして萩の茶屋において親しく砂防工事をご覧になり、若松のお手植があった。その光栄を記念するため、萩の茶屋を「萩御殿」と呼ぶようになったという。周辺には明治末期から大正時代の記念植樹の標柱が残されていたが、萩御殿の小亭とともに朽ち果ててしまった。せめてゆかりの地として後の町名設定に「萩殿町」の名が付けられた。
(『瀬戸ところどころ今昔物語』)

ホフマン砂防構

ほふまんさぼうこう


瀬戸市東印所町
 瀬戸市東印所町地内の愛知県有林に欧州式治山工事遺構(「ホフマン工事」)が保存されている。
 明治時代の近代陶磁器産業の発展は、瀬戸周辺の陶土採掘や燃料となる樹木の伐採が盛んになっていった。そのため、瀬戸地方(矢田川流域)の山林荒廃が進み、土砂崩れなど自然災害が増大していった。そこで、明治38(1905)年に東京帝国大学(東京大学)のお雇い外国人教師アメリゴ・ホフマンの指導により、瀬戸市東印所において近代的砂防工事が6年間にわたって実施された。ホフマン工事の概要を説明する冊子(愛知県発行)には、「崩壊した山腹の斜面には手を加えず自然のままに放置し、降雨時に山腹面より流出する土砂礫は、土堰堤や柳柵で抑止して堆積させ、山腹の自然勾配と渓流部の安定を図ることによって、植物の自然的導入を促すことを目的としたものである。」と記されている。こうしたホフマン工法は後年では様々な批判もされているが、今日の砂防技術の基礎を築き、その発展に寄与した。
(参考 東京大学愛知演習林長柴野博文「ホフマン工事とアメリゴ・ホフマン」)

丸一国府商店

まるいちこくぶしょうてん


瀬戸市栄町
 明治維新の廃藩置県により解散した犬山藩の藩主成瀬正肥は、家臣救済のため下賜金八千円を用意した。家臣はこの下賜金を元に明治5(1872)年印刷業や陶器販売業を手がける丸一商店を設立した。屋号は成瀬家の家紋に因んだもので、店は名古屋市大曽根に設置された。陶器販売拡大のため、明治20(1887)年に瀬戸市朝日町に仕入れ部を設立した。経営は順調で、明治38(1905)年に瀬戸電気鉄道(後名鉄瀬戸線)の瀬戸―矢田間が開通(同44年には堀川まで延長)したのを機に、尾張瀬戸駅に近い栄町に陶器部の移転と建設を企図した。現存する木造2階建一部4階建ての建物は明治44(1914)年に完成したという。以後、世界恐慌や第2次大戦で経営困難となり、昭和22年に当時の番頭だった国府家が店を譲り受けて丸一国府商店となり今日に至った。
 建物は2階建ての町屋建築に望楼を載せた形態で犬山城天守を模したものと伝える。1階は東側1間半を土間とした町屋の形式に則り、土間境に大黒柱を立て、土間奥は吹き抜けとする。ただし同店に残る創業当時の写真によれば、和風の外観とは対照的に見本を並べた1階店舗は洋室であった。2階は中廊下をはさんで北側に洋室、南側には8畳間2間続きの座敷と6畳間(女中部屋)がある。階段は西端に2ヶ所、東端に箱階段と3ヶ所が設けられた。内法高さほどの中3階を経て、望楼状の4階には8畳間を設ける。数奇屋風の意匠で、床脇には丸窓を開け、東・南2面に縁を廻し、鉄製の手摺は建造当初のものである。平成15年からの道路拡張で東に8メートル、北に14メートルほど曳家して改修がなされた。往時の様子を伝える建物として貴重であり、景観の核となっている。
(『愛知県の近代化遺産』)

無風庵

むふうあん


瀬戸市窯神町
 第2次大戦後間もなく、藤井達吉が愛知県西加茂郡小原村鳥屋平(現豊田市)に13棟の宿泊小屋や共同工房を建設し、七宝・和紙工芸・陶芸などの工芸運動を進めながら「小原農村美術館」の建設を目指した。戦前から藤井に師事した瀬戸の亀井清市・水野双鶴・鈴木八郎らもそれに参加した。昭和25年12月まで共同生活が続けられた。
 昭和27年、百姓屋を移築して共同工房として使用された建物を陶芸家亀井清市・栗木伎茶夫・水野双鶴・鈴木八郎氏らの尽力で達吉と親交のあった当時の加藤章市長に寄贈されたものである。市街地を見下ろす御亭山(おちんやま)に移築された。草葺入母屋造りの旧建物は、「陶の路散策路整備事業」の核施設として全面的に改修され現在は茶室として活用されている。「夢風庵」の名称は、藤井達吉の雅号『夢風』に由来するもので芸術家村の当時から使用されていたものである。