暁町

あかつきちょう


昭和39年10月1日、大字名を廃止し町名を設定。もとは上水野の一部。昭和58年暁地区工業団地造成事業を実施された。昭和56・59年一部を穴田町に編入。
→暁工業団地

穴田町

あなだちょう


昭和39年10月1日、大字名を廃止し町名を設定。もとは上水野の一部。同56年一部を上水野町に編入し、同年・同59年暁町の一部を編入。穴田の「穴」は、洞の意味。徳川中期に瀬戸から当地に引越し、窯業を営んだ窯屋があったところから「釜の洞」と呼ばれ、それから起こった地名ともいわれる。
→穴田企業団地
→松本茂助家文書・瀬戸市指定古文書 711点
→古墳・穴田古墳群
→水野焼中興之祖頌徳碑

泉町

いずみちょう


昭和17年2月1日、大字名を廃止し町名を設定。もとは瀬戸の一部で、明治期の瀬戸村大字瀬戸字印所の一部。大正期には東を大道町、西を泉町といっていた。この地の窯焼の旦那衆7名が集まってこの2つをまとめて泉町と名付けたと伝えられる。

銀杏木町

いちょうのきちょう


昭和17年2月1日、大字名を廃止し町名を設定。もとは瀬戸の一部で、明治期の瀬戸村大字瀬戸字東茨、西茨の各一部。町名は、大きな銀杏の木があったことによる。

秋葉町

あきばちょう


昭和17年2月1日、大字名を廃止し町名を設定。もとは瀬戸の一部で、明治期の瀬戸村大字瀬戸字上ノ切の一部。町名は秋葉神社があることによる。
→常夜燈・瀬戸市指定建造物1基

赤重町

あかしげちょう


昭和38年10月1日、大字名を廃止し町名を設定。もとは菱野の一部で、江戸期の菱野村村絵図には「赤シケ洞」「アカシゲ」の地名が見られる。一部が、昭和53年菱野町、同60年東赤重町1~2丁目・緑町Ⅰ~2丁目・福元町となり、同年幡野町の一部を編入。

朝日町

あさひまち


昭和17年2月1日、大字名を廃止し町名を設定。もとは瀬戸の一部で、明治期の瀬戸村大字瀬戸字池田、前側、一ノ坪の各一部。明治20年頃に池田を埋めて1本の道ができ商店が集まってきた。昭和の初め瀬戸の最初の商店街ということでこの通りを銀座通りと名付けられた。町名は朝日のごとく昇り発展することを願い朝日町と名付けられた。
銀座通商店街振興組合
久米邸(旧川本家別邸)