せともの祭に雨が降る

せとものまつりにあめがふる


伝承地 瀬戸市窯神町
時代背景 民吉が、磁器の製法技術を身につけるため九州へ旅立ち、平戸の佐々で福本仁左衛門の窯場で働き、技術を学んで文化4年(1807)に瀬戸に帰った。
「そなたたち、ここで、焼き物作ってみないか。」
 熱田(あつた)奉行(ぶぎょう)、津金(つがね)文(ぶん)左(ざ)衛門(えもん)の思いがけない言葉に民吉と父吉(きち)右(え)衛門(もん)は、うれしくなって涙がこぼれそうになった。
「わしが、南京(なんきん)焼(やき)という清国(しんこく)(中国)の焼き物を書物で学んだ。それをそなたたちに教えようと思うがどうじゃ。」
「なんとありがたいお話でございましょう。どうか、ぜひお願いいたします。」
 父吉右衛門と民吉は、夢でも見ているような心地で、額(ひたい)を地面にすりつけた。
文左衛門は、翌日、民吉たちに「陶説(とうせつ)」という本を見せた。
「これが南京焼じゃ。よく見るがいい。」
民吉たちは眼を見張(みは)った。清国の陶工たちの焼き物をつくる様子が挿(さ)し絵入りで詳しく描(えが)かれていたのだ。二人は、文左衛門の繰っていくページを隅(すみ)から隅まで食い入るように見つめた。
「これが、あの有田焼(ありたやき)と同じ磁器(じき)と呼ばれる焼き物なのだ。」
 民吉親子は、瀬戸村で、ずっと焼き物を作ってきた。ところが、瀬戸の焼き物は、九州有田の磁器と呼ばれる焼き物に押されて売れなくなり、ひどい不景気(ふけいき)となった。吉左衛門は仕方なく、焼き物作りを長男に任せて、大勢の農民を募る熱田前(あつたまえ)新田(しんでん)(名古屋市港区)へ、二男の民吉と働きに来たのだった。新田を取り仕切る文左衛門は、二人のあまりに不慣(ふな)れな百姓ぶりを見かねて、「ここで焼き物を」と声をかけたのだった。
「今日からまた焼き物作りができる。」
 民吉の心の中に、明るい光が広がっていった。
 文左衛門に教えられて、盃(さかずき)や小皿(こざら)やはし立てなどを次々に焼きあげていった。しかし、あの固くてつやのあるみごとな細工(さいく)の有田焼には、かなわなかった。
 その年の暮れ、文左衛門が病でなくなり、二人はその後、息子の津金庄(しょう)七(しち)の世話になって焼き物を作り続けた。
 (早く有田焼のような焼き物が作りたい。)
 二人は、借金(しゃっきん)をして磁器を焼くための丸窯(まるがま)(登り窯)を築いた。しかし、思うようにうまくいかなかった。
「やはり、有田へ行くしかない。」
 津金庄七や瀬戸村の庄屋・加藤
唐(とう)左(ざ)衛門(えもん)らと相談して、とうとう民吉が有田へ行き、技法(ぎほう)を学んで来ることになった。しかし、有田ではその頃、技法は秘密(ひみつ)でよそ者に教えることを固く禁じていた。秘密を知った者は、生きて帰れないと言われていた。下品野村で、村人にこっそり秘法(ひほう)を伝えていた有田の陶工副島(ふくしま)勇(ゆう)七(しち)は、連れ戻されてうち首にあっていた。
 (命がけの旅だ。だが、瀬戸村の焼き物のために役立つなら・・・)
 文化元年(一八〇四)二月、民吉は、ついに九州へと旅立った。
 九州・天(あま)草島(くさしま)(熊本県)には、さいわい菱野村(瀬戸市菱野町)出身の天中(てんちゅう)和尚(おしょう)がいた。和尚の計らいで、高浜(たかはま)村の窯場(かまば)に住み込み、毎日、慣(な)れない蹴(け)ろくろで茶碗を作った。茶碗を作りながら、密(ひそ)かに土や釉薬(ゆうやく)や窯のことを探った。
 半年後、民吉は平戸の三河(みかわ)内山(うちやま)(長崎県)の窯場に変わったが、働き始めて十日後「よそ者は留めおくことならぬ。」ときびしいお触(ふ)れが届いて、すぐにそこを離れなければならなかった。
 十二月も暮れになって、やっと平戸(ひらと)・佐々(ささ)浦(うら)の福本(ふくもと)仁(に)左(ざ)衛門(えもん)の窯場で働くことになった。
 (よかった。ようやく落ち着いて働ける。早くいろいろ覚えねば・・・)
 民吉は夢中で働いた。
 仁左衛門には、「さき」という娘がいた。さきは働き者で窯場をよく手伝った。
「民吉さんもお茶にしましょうよ。」
 さきは、いつもやさしく声をかけてくれた。さきの入れてくれたお茶を飲みながら、民吉はよく格子(こうし)窓(まど)の向こうの空をながめた。さきも、そっと民吉の横に座って、空を見つめた。
「よう働いてくれる。それにお前さんなかなか腕(うで)がいい。ちょうど人手が足りなくて困っておったところだ。本当に助かる。」
 仁左衛門は、しだいに民吉を頼(たよ)りにするようになった。
 夏になって、仁左衛門は息子の小助(こすけ)とお伊勢参りに行くことになり、民吉に言った。
「留守中(るすちゅう)、窯場はお前さんに任(まか)せる。わからぬことはさきに聞いてくだされ。よろしく頼みますぞ。」
 民吉はうれしかった。さきならきっといろいろと教(おし)えてくれるにちがいない。
「さきさん、土に混(ま)ぜている白い粉は石の粉だね。」
「そうよ。固い磁器を作るために、天草の陶(とう)石(せき)を混ぜるのよ。」
「色やつやを出すために、どんな釉薬をかけているんだい。」
「いす灰という灰よ。鮮(あざ)やかなきれいな色がでるわ。」
 民吉は、さきと一緒に調合した。それから二人で、たくさんの作品を窯詰めした。
 いよいよ窯(かま)焚(た)きの日がきた。
 民吉は、さきや手伝いの人たちと薪(まき)を燃やし続けてついに、固くつやのある見事(みごと)な磁器を焼きあげた。仁左衛門は大喜びだった。
「ようやった。今夜はみんなで祝おう。」
 庭にござを敷いて、賑(にぎ)やかに飲んで歌い、踊(おど)った。月明りのきれいな夜だった。
「民吉さん、早くいっしょに踊りましょうよ。」
さきに誘(さそ)われ、見よう見まねで手を上げ足を上げ・・・・。
 星もきらきら輝いていた。
 夢のように二年が過ぎて、民吉は、もう瀬戸村に帰らねばならなかった。
 (さようなら。恩は一生忘れない。)
 民吉の去って行った方を、さきはいつまでも見つめていた。
 民吉は瀬戸村に帰り、学んできたことをみんなに伝えて、さらに工夫(くふう)をと忙しい毎日を送っていた。いつしか十二年の歳月が流れた。
 ある秋の夕暮れ、民吉の家の前に、一人の女の人と子どもが立っていた。
「あのー、おたのみ申します。ここに民吉さんという人はおられますか。平戸の佐々浦から参りましたさきと申します。
「そ、そんな人ここにおらんでよう。はよ帰りゃあ。」
 家の人は決して民吉に会わせようとしなかった。それは、民吉が佐々浦へ連れ戻され、殺されるのではと恐れたからだった。
 さきは、仕方なく、子どもを抱(だ)き寄せると、すがるような目で、振(ふ)り返(かえ)り振り返りしては、冷たい風の吹く中を去って行った。
 瀬戸の「白と青との色(いろ)鮮(あざ)やかな染付(そめつけ)焼(やき)」は、民吉たちによって完成され、日本中に評判(ひょうばん)が広まって、注文がたくさんくるようになった。瀬戸の人々は民吉を磁(じ)祖(そ)と敬(うやま)い、毎年九月にせともの祭を催す。けれどきまって、祭りにはよく雨が降る。雨は佐々浦のさきの
「悲(かな)しみの涙(なみだ)が雨となって、せともの祭に降るそうだ。」
 いつの頃からか、瀬戸の人々は、そう言うようになった。