瀬戸蔵ロボットアカデミー

愛・地球博開催10周年記念事業として平成27年(2015)に開催した「瀬戸蔵ロボット博2015」は大変盛況で、来場者から再度の開催を望む声が多数寄せられた。
これを受けて、愛・地球博開催継承事業として、同年、瀬戸蔵ロボットアカデミーを立ち上げ、夏休みにロボットワークショップや春休みに瀬戸蔵全館でロボットと触れ合える「ロボットフェスタ」などの事業を開催している。
子どもたちが未来への夢を抱くとともに創造力を養うため、第一線で活躍するプロや実際に夢に向かって技術を磨いている大学生から最新のロボットテクノロジーを学ぶ機会を設けるなどして事業に取り組んでいる。

健康福祉フェア

けんこうふくしふぇあ


「せと・やきもの世界大交流」事業の成果を今後の瀬戸市の都市戦略の要である「せと・まるっとミュージアム」の取り組みに引き継がれた事業のひとつ。健康、福祉をテーマに、毎年10月上旬の土曜日に文化センターで開催される。
○映画上映会(文化ホール)
○クイズラリー、シルバー人材センター紹介(市民広場)
○健康ウオーキング大会(中心市街地5キロ、3キロコース)
○健康まつり(文化交流館)
 ・循環器病コーナー、栄養・食生活コーナー、AEDコーナー
 ・健康推進員コーナー、メタボコーナー、アルコールコーナー、
  歯の健康コーナー、たばこコーナー、休養・こころの健康コーナー、
  ガンコーナー、身体活動・運動コーナー
○福祉のつどい
 ・手づくり即売会、健康食・災害備蓄食体験(市民広場)
 ・チャリティーバザー、ボランティアコーナー、移動おもちゃ図書館(文化交流館)

消防出初式

しょうぼうでぞめしき


かつては市民公園で行われていたが、瀬戸市の都市戦略の要である「せと・まるっとミュージアム」の取り組みとして、平成19年(2007)の出初式から中心市街地で行われるようになった。「せと・やきもの世界大交流」事業の成果を今後の瀬戸市の都市戦略の要である「せと・まるっとミュージアム」の取り組みに引き継がれた事業のひとつ。毎年1月第2日曜日に、パルティせと、リモージュ広場付近において、「見て ふれて 参加して」をテーマに、消防出初式が開かれる。
第1部 式典、分列行進(徒歩・車両)、消防団はしご乗り演技披露、一斉放水など
 瀬戸川右岸を消防職員や消防団員らと、ポンプ車やはしご車などが行進。続いてまち火消しの伝統を受け継ぐ道泉、深川、幡山の3つの消防団員らが高さ約7メートルの竹製はしごに上り、妙技を披露。はんてん姿でポーズを決めるたびに、集まった観衆から大きな歓声があがる。瀬戸川に向けて水のアーチを描く一斉放水も披露される。
第2部 消防フェア
【ふれあいゾーン】リモージュ広場
・はしご車体験試乗、ホースカー体験乗車など
【学びゾーン】パルティせと3階
・AED体験、レスキューロボットの展示実演など
【キッズゾーン】パルティせと4階
・ファイ太くん登場、スタンプラリーなど

まるっとせとっ子フェスタ

まるっとせとっこふぇすた


「せと・やきもの世界大交流」事業の成果を今後の瀬戸市の都市戦略の要である「せと・まるっとミュージアム」の取り組みに引き継がれた事業のひとつ。瀬戸市教育委員会は、子どもたちには自分の夢や思いを表現する場となってほしいと願い、保護者の方々や市民の方々には、「瀬戸の教育」を見る・体験する・語る場となり、共に将来を担う子どもたちの教育を考えていただきたいと願い、毎年11月中旬の木~日曜日の4日にわたり開催している。
【せとっ子音楽会】金・土曜日(文化センター文化ホール)
学校・学年・学級・部活動等による合唱や演奏等の発表会を行う。
【英語スピーチコンテスト】木曜日(瀬戸蔵つばきホール)
 各中学校代表生徒の英語によるスピーチコンテスト
【展示会】金~日曜日(○文化センター文化交流館、□瀬戸蔵)
 ○特別支援教育展:特別支援学校・特別支援学級の児童生徒の作品、学校紹介パネルや福祉施設の紹介、展示。
 ○せとっ子科学展:理科・生活科の自由研究の展示。
 ○技術・家庭科展:中学校技術・家庭科の授業で制作した作品や授業内容の展示。                                         
 ○ポスター展:コンクールでの優秀作品の展示。
 ○学校紹介:各学校の特色ある活動の様子を紹介
 □せと子ども図工・美術展:図工や美術の授業で制作した作品の展示
 □せとっ子書道展:尾書研コンクールの特選・優秀賞等の作品の展示
【学校活動ブース】土曜日(文化センター市民広場)
ワークショップやお店を出し、子どもたちが元気に販売。
【わくわくせとっ子ワールド】(文化センター市民広場、瀬戸蔵)
 ブースを開設。参加・体験型イベントを行う。
【瀬戸の教育市民フォーラム】(文化センター文化ホール)
 発表会や講演会

交流フェスタinパルティせと

こうりゅうふぇすたいんぱるてぃせと


日頃から地域で活動している市民活動団体や国際交流を紹介する。交流ブースやビンゴ大会などお楽しみがいっぱい。毎年10月中旬の土曜日パルティせとで、みんなの生活展、せと・あとりえ参道と同時開催される。
・交流・体験・体感・リサイクル!
・東日本大震災チャリティバザー
・ステージパフォーマンス
・国際センターの部屋
・ふれあい茶屋・ワールドカフェ(有料)
・Bear’s Band コンサート
・ビンゴ大会

お雛めぐり(陶のまち瀬戸のお雛めぐり)

おひなめぐり(とうのまちせとのおひなめぐり)


平成14年(2002)から開催。毎年、2月初旬から3月初旬の約1か月開催。「街角ギャラリー」を広め、多くのお客様に楽しんでいただくことを狙い、「お雛様」をキーワードにまちめぐりを始めたのが、お雛めぐりのきっかけ。
当初は中心市街地にある商店街に街角ギャラリーから借りたお雛様にちなんだものを展示したり、市内に点在するギャラリーをジャンボタクシーで回るツアーなどを実施した。
平成19年(2007)からお雛めぐりのシンボルとしてメイン会場の瀬戸蔵に高さ4m、13段3面(現在は11段4面)のピラミッド型巨大ひな壇「ひなミッド」を設置した。当初は陶磁器以外の人形も「ひなミッド」に展示していたが、平成21年(2009)より陶磁器とガラスの創作雛のみを展示しており、現在は陶磁器メーカーや作家、窯元、地元高校生、全国の陶磁器・ガラス産地の雛人形など約1,000体を展示している。
お雛めぐり期間中、市内各所で陶磁器・ガラスの雛人形はもちろん、古代雛や吊るし雛等の展示やお雛作り体験も開催され、お雛めぐりのみどころをボランティアガイドとともに巡るツアーも人気を博している。
平成23年(2011)からはお雛ランチ、お雛スイーツがスタートし、平成24年(2012)にはウォルトディズニージャパンとコラボして映画「オズ はじまりの戦い」の公開を記念した「オズ陶雛人形」を製作し「ひなミッド」に展示した。

消防団観閲式

しょうぼうだんかんえつしき


瀬戸市消防団の「観閲式」は毎年5月中旬の日曜日、上本町の市民公園東駐車場で開かれる。全12分団の団員と車両が増岡錦也市長らの閲団を受けた後、操法大会を行い日ごろの訓練の成果を披露する。
 団員らは勇壮な分列行進で入場。式典で増岡市長が訓示した後、消防庁長官表彰や日本消防協会長表彰の伝達、団員表彰がある。
 式典の後、操法大会があり、ホース延長や障害物除去、放水などをチームワークで競い、引き締まった表情できびきびとした動きを見せてくれる。
 瀬戸市消防団の歴史は古く、昭和22年(1947)に自警団や青年団などを前身とした消防団が正式に結成された。3つほどの分団からスタートし、周辺の町村合併を経て現在は1団12分団で構成されている。平成17年(2005)2月の赤バイ隊結成、平成18年(2006)の災害支援団員制度導入、平成22年(2010)のガンバレ消防団応援事業所スタートなど、他の消防団からも注目される新しい制度を導入している。

赤津窯の里めぐり

あかづかまのさとめぐり


より多くの人に伝統的工芸品である赤津焼の良さを知ってもらい、地域が良くなるようにしたいとの願いから生まれた催事で、平成12年(2000)から始まった。
毎年5月の第2土・日曜日と11月の第2土・日曜日に、赤津焼の窯元の会=「赤津窯元まわし会」が中心となって行っている。赤津地区の約30軒の窯元や問屋が工夫をしておもてなしをする。
第30回からは、アート・音楽・食など、さまざまなジャンルのアーティストが窯元とコラボレーションする「赤津アートフェスティバル」を同時開催し、好評を博している。
⇒「ゆるり秋の窯めぐり」を参照

品野祗園祭

しなのぎおんまつり


品野祇園祭は、瀬戸市下品野地区で毎年7月第3土曜日の夜半に1台の山車を中心に神輿や踊りの隊列が中心部を巡行する、疫病除け、夏病み除け、豊作・商売繁盛を祈願する祭礼である。祭礼に先立って、牛頭天皇を祭神とする津島神社より地区の分社に「御札」を受ける神事がある。品野津島社の創始や山車を伴う祭礼の始まりについては諸説あるが、遡っても江戸末期から明治初期の頃からと思われる。
⇒瀬戸市指定民俗文化財「品野祇園祭の神武天皇像および従者像」を参照
 山車巡業は、大提灯を先導に万灯車、続いて山車が威勢のよい町内の男衆に引かれてやってくる。山車の中からは祭ばやしの音が聞こえ、山車の後ろにはゆかた姿のおどり隊が、「品野音頭」など踊りを披露しながら一団となってついてくる。山車巡業の際は、国道248号の品野坂上から品野駅間が通行止めとなる。
主催:下品野連区自治会・品野祇園祭協賛会

しなの工房めぐり

しなのこうぼうめぐり


毎年5月の第2土・日曜日と11月の第2土・日曜日に、品野地区の15軒ほどの窯元が工房を一斉公開。絵付けやろくろなどの作陶体験、スタンプラリーなど、楽しい企画が盛りだくさん。
「陶玉コレクション」が人気で、道の駅しなの~各窯元区間を無料シャトルワゴンが運行する。
⇒「ゆるり秋の窯めぐり」を参照