八幡神社(水北町)

はちまんじんじゃ


瀬戸市水北町1341
祭神としては、神功皇后・成務天皇・応神天皇が祀られている。創建については明らかではないが、延宝4年(1676)12月20日尾張藩主光友によって再建された。明治5年(1872)村社となり、明治40年(1907)供進指定をうけた。大正6年(1917)9月30日に同村に鎮座する山神社3社を合祀した。例祭は毎年10月15日直前の日曜日に行われる。

八幡神社(水北町)