須原町の地滑り災害

すはらちょうのじすべりさいがい


1957年(昭和32年)8月8日、集中豪雨によって市内全域で大きな被害を受けた。歴史上、空前の災害となった。特に須原町地内の地滑りは、全壊9戸、半壊2戸、生埋めになった者45人となった。しかし地元消防団や愛知県東春日井郡高蔵寺町の自衛隊などの救出作業のおかげで、9日正午までに須原町では、23人が救出されたが死者21人、行方不明1人となった。また、品野地区では、家屋の流失により死者8人を出す大惨事となった。現場は十数年前から陶土採掘場に使われ、地盤がゆるみかけていたうえに、8日の夜の雨で一挙にくずれたものとみられる。

泉町山崩れ

いずみちょうやまくずれ


瀬戸地域のはげ山や崩落地の存在は大雨による山崩れや土石流を起こし、人家を襲って人命を奪ったり河川の堤防を決壊させて大被害をもたらした。中でも昭和32年(1957)8月7日夜から8日夕刻にかけて岐阜県多治見市から瀬戸市、藤岡村一帯を襲った集中豪雨では、愛知県下で死者33名、家屋全壊・流失88戸、床上・床下浸水27,000戸余、田畑流失・冠水879ヘクタールという大災害となった。被害の中心は瀬戸市であった。新愛知タイムズは、「泉町一帯は市街地北に広がる鉱山に隣接した地域であった。粘土鉱山の刎土の上に造成された宅地が崩れた災害であった。この時の瀬戸市の降雨量は372mmと記録されている。結局泉町一帯の死者は22名となったが、水野川上流の品野町上品野地区、中品野地区でも鉄砲水による死者3名、行方不明者6名が出た」と伝えている。
瀬戸市の災害概況について、次のように記述した報告書が残されている。
1.人的被害
 ①り災者総数   10,551人
 ②死者        23人
 ③重軽傷者      25人
 原因は、死傷者はすべて付近の山崩れによる圧死傷によるもの、り災者は、同様に付近の山崩れと瀬戸川流域一帯の氾濫によるものとされている。
2.住家の被害 
 ①全壊       33戸(154人)
 ②流失       3戸( 20人)
 ③半壊       48戸(175人)
3.生産工場等の被害
 ①陶磁器生産工場
  イ、全壊、半壊等  25工場
  ロ、土砂の流入  146工場
  ハ、浸水工場   351工場
 ②珪砂工場
  イ、珪砂工場    26工場
4.住家の浸水
 ①床上浸水      519戸
 ②床下浸水     2,130戸

伊勢湾台風(台風15号)

いせわんたいふう


昭和34年(1995年)年9月26日、南太平洋上に発生した台風15号は中心気圧910hPa、暴風雨圏700㎞という超大型台風となって本土を襲来した。伊勢湾台風と命名されたこの台風は、紀伊半島潮岬付近に上陸すると午後9時半頃に名古屋の西側を通過して日本海に向かった。伊勢湾から吹き込む風速30m以上の暴風と豪雨、それに高潮が重なって未曽有の被害が生じたのである。県下で死者3,168人、行方不明92人、家屋全壊23,334戸、同流失3,194戸の被害を出した最大の要因は、高潮による河口部や沿海部の堤防決壊であった。特に名古屋南部の貯木場の丸太が破提によって一挙に市街地を襲って被害を大きくした。
新愛知タイムズは、「27日には災害救助法が発動され、瀬戸市では32年の豪雨で泉町の山崩れ以来のことだが被害はこれとは比較にならないほど大きい。幸い雨量が少なかっただけに、水害は最初限度に免れたが、台風によって家を亡くし、壊された人達はあちこちに仮住まいし、工場はほとんど休業している。市では市庁舎に災害救助本部を設けて救難にあたり、復興の援助を行うことになった」と伝えている。
1.人的被害
重傷   3人
軽傷  91人
2.建物の被害
住宅  全壊215戸
半壊527戸
工場等 全壊468戸
非住家 半壊2,019戸
3.公共施設の被害
道路河川の決壊  20ヶ所
建物の損害    小中学校20校

濃尾地震

のうびじしん


明治24年(1891)10月28日午前6時38分ごろに中部日本に大地震が発生した。この地震は揖斐川上流域の岐阜県大野郡根尾村を震源として発生したもので、東海・北陸地方・近畿地方東部、とくに美濃西部から尾張北西部にかけては記録的な大被害をこうむったので濃尾地震とよばれ、知名な大地震の一つである。
地震の規模(マグニチュード、M)は8.4であり、震域は仙台以北を除き、日本中にわたって強い震動を感じた。濃尾平野・美濃北西部から越前平野にわたって、最も激しかった。
震災地を通じて死者7,469人、負傷者19,694人、住家全壊85,848戸に達し、平均住家全壊11戸につき1人の死者の割合であった。余震(有感)は大震後2年間に岐阜では3,365回、名古屋では1,278回を観測し岐阜では10年間も続いた。そのうちもっとも強かったのは、明治25年(1892)1月3日、 9月7日、27年1月10日の3回であった。
愛知県下の死者は2,459人の多数にのぼり、県内に発生した災害では伊勢湾台風につぐ記録的な人災害であった。被害程度についてみると、中島郡の被害がもっとも大きく、ついで葉栗郡・西春日井郡・海東郡・丹羽郡・海西郡・愛知郡・東春日井郡・名古屋市の順となっている。
東春日井郡の各村の被害は比較的軽微で、郡全般についてみると30%位の被害であった。被害のもっとも甚だしかった町村は小牧町・岩崎村であった。また、瀬戸村・赤津村・品野村では陶磁器窯がことごとく崩壊し、その総計は542窯にのぼった。瀬戸村付近では、窯の崩壊だけでなく、焼き上げた製品の破損もおびただしかった。また、陶土採堀場の崩壊か所も少なくなかった。

シデコブシ

しでこぶし


モクレン科モクレン属の落葉小高木で日本固有種である。自生の分布範囲は東海三県に限られ、現在は準絶滅危惧種に指定されている。樹高は高いもので10m以上、幹周りは20cm以上のものもある。根元から分かれ株立ちする。花は早春に開葉に先立って咲き、白い花を咲かせる。花の形が四手(しで)に似たコブシのような花を付けることからこの和名となっている。花の開花期間は約10日、株全体では20日間程度開花する。シデコブシの生育地は、湧水のある山裾や小さい谷の湿った谷底で、瀬戸市内では、東部や南部の丘陵内に多くみられ、現在までに12,000余株の生育株が確認されている。特に市域中央の馬ヶ城町や北側の下半田川町に大群落がみられる。しかし近年、集落近くの里山が放置され、下草刈りや間伐が行われなくなっており、林内環境の悪化による生育範囲の狭まりが懸念されている。

蛇ヶ洞川

じゃがほらがわ


支川延長9.6kmの庄内川支流である。源を上半田川町東部の山地に発し、上半田川町一帯を流域にもち、比較的高い所で水量もあるので蛇ヶ洞貯水池を設けて市の水道用水に用いている。貯水池を出ると、70m流れ下って蛇ヶ洞に入る。蛇ヶ洞ではV字谷の一番底を流れ、下半田川町で日向川と合流し、南北の両岸に中・古生層の固い岩盤の迫っている狭隘地を通って庄内川に注いでいる。国の天然記念物のオオサンショウウオが生息している。

蛇ヶ洞川

瀬戸陶土層

せととうどそう


瀬戸陶土層は、一般に下部より八床珪砂層、水野粘土層に区分されており、水野粘土層の比較的上部に木節粘土が堆積したものである。
八床珪砂層は、主として石英砂(珪砂)よりなり、含石英粒粘土(蛙目粘土)になっている部分があるが珪砂にわずかな粘上が入っており、そのほか長石・有色鉱物・重鉱物の混った砂層である。分級淘汰を受けているので偽層も見られる。蛙目粘土と珪砂は、複雑に入り込んで堆積しているが、全体的にみれば蛙目粘土がレンズ状の層となっている。
水野粘土層は、基盤のくぼみに断続的に堆積したもので、多くは八床珪砂層の上位にあるが、その間連続して分布していない。粘土は、主として細粒雲母質砂質粘土(キラ層)・含石英粒粘土(蛙目粘土)・灰白色粘土・青灰色粘土または含炭質物粘土(木節粘土)などからなり、主として花崗岩類の風化分解物からできたものである。粘土の多くは淡青色ないし灰白色で、レンズ状に粘土混り細粒砂の薄層を挟在しているが、粘土成分の特に多い所に、細粒石英と長石風化物と思われる乳白色の粘上が混じって、蛙目粘土に似た様子を示すこともある。しかし、蛙目粘土に比較すればよく淘汰されている。粘土層中、最も良く分級淘汰された粘土が木節粘土である。暗灰色、時には黒色に近い色をし、炭質木片を挟有していて植物化石もほとんどこの層から産出している。

水野川

みずのがわ


一級河川。水野川は東部の上品野町より西部の鹿乗町まで、北部に分布する基盤岩類に接するようにして流れており、その全長は12.37 kmで市内を流れる河川中最長である。水源は東部山地の片草川・白岩川・鳥原川、北部山地の山崎川・余床川・山干川など数多くの谷からもたらされている。白岩町北側の山中に発した品野川には、流域面積の広い片草川・白岩川が注いでいるため水量も比較的多く、市の水道用水としても用いられており、透明度も高い。上品野町に入った所で河床勾配が緩やかになるので、流速を減じて中品野町へ流れて、岩屋堂より流れてきた鳥原川に合流する。品野地区を潤した水は水野地区へ流れていく。その間岩石が硬いため川筋は曲がりくねり、なかには水の侵食作用だけでなく、地殻運動と関係があると思われる所もある。穴水橋をくぐると水野地区に入り、流れは緩やかになる。そして目鼻石で中・古生層の硬い岩盤を削って落差30mを一気に下り、流勢を増して庄内川に合流する。

水野川

粘土層

ねんどそう


瀬戸陶土層は、一般に下部より八床珪砂層、水野粘土層に区分されており、水野粘土層の比較的上部に木節粘土が堆積したものである。
粘土層は、基盤のくぼみに断続的に堆積したもので、多くは珪砂層の上位にあるが、その間連続して分布していない。粘土は、主として細粒雲母質砂質粘土(キラ層)・含石英粒粘土(蛙目粘土)・灰白色粘土・青灰色粘土または含炭質物粘土(木節粘土)などからなり、主として花崗岩類の風化分解物からできたものである。粘土の多くは淡青色ないし灰白色で、レンズ状に粘土混り細粒砂の薄層を挟在しているが、粘土成分の特に多い所に、細粒石英と長石風化物と思われる乳白色の粘上が混じって、蛙目粘土に似た様子を示すこともある。しかし、蛙目粘土に比較すればよく淘汰されている。粘土層中、最も良く分級淘汰された粘土が木節粘土である。暗灰色、時には黒色に近い色をし、炭質木片を挟有していて植物化石もほとんどこの層から産出している。

水無瀬川

みなせがわ


2級河川。上流域左岸:原山町141先、右岸:原山町140-2先。河川延長:2,550m、下流域県道瀬戸・大府線にかかる菱野大橋下流山口川との合流点。菱野団地が作られたことにより、水無瀬川上流域の地表部分がなくなってしまった。
下流の矢田川と合流する手前のところにシラハエがたくさん住んでいる。釣るほど大きな魚ではないので、タモですくって、子供達が遊んでいる。

水無瀬川
水無瀬川